Learn. Create. Inspire.

アメリカ写真教育をベースにグローバルな視点から写真表現を追求する写真コース

ONWARD Global Courses

ビジュアル・コミュニケーションの「表現方法としての写真」を学ぶ

 

circles02

ONWARDグローバルコースは、ファインアート(芸術)としての写真の創作を行っている写真家のための写真コースです。アメリカ・フィラデルフィアに拠点を置く写真センター、Project Basho/ONWARDを主催として開催されています。

Webを介したポートフォリオレビューや写真講義を行う年間コースのほか、アメリカや日本で開催される短期ワークショップなど、受講者のレベルや学ぶ形態に柔軟に対応した写真コースを揃えています。自分のレベルに合ったコースを、自分のペースで学ぶことをモットーとしてデザインされている通信写真のクラスです。

講師陣には、大学や大学院レベルの第一線で活躍している写真家を迎え、アメリカや世界の写真の「いま」を伝えるにふさわしい人材を集めています。

ONWARDグローバルコースの最大の利点は、アメリカで現在行われている写真教育を、日本にいながらして即時に体験できるという点にあると言えるでしょう。ONWARDでは、このWebや定期的に日本で行なわれる実際のワークショップを通して、アメリカの教育現場でまさに「いま」起きていることを日本にお伝えしています。

 

メディウムのバランスを保ちながら学ぶ

 

写真の表現を成立させている「要素」をバランスよく学ぶことはとても重要です。それは、「表現方法としての写真」を学ぶうえではなおさらです。このように、写真を学ぶ、と一言で言ってもさまざまなアプローチがあるのです。

ONWARDグローバルコースではこの要素をTechnical know-how(技術的な知識)、Visual Language(視覚言語)、そしてPersonal Expression(個人の表現)と定義し、これらの大切な要素をバランスを保ちながら写真を教えることを心がけています。

 

グローバルコースのメーリングリスト

 

ONWARDグローバルコースのメーリングリストに登録すると、新しい長期コースやワークショップなどの情報をいち早くご紹介するとともに、アメリカでの写真教育の現状や講師のインタビューなど、アメリカ最前線の写真を学びたい人に有用なコンテンツを定期的に受けることができます。

ONWARDメールの購読は無料です。

Fill out my online form.

Concepts

アメリカの写真教育でまなぶ

アメリカでは影響力のある写真文化を背景に写真教育の分野が革新的に発展してきた国であります。そんなアメリカ写真文化と密着に結びついている写真教育を体験してみませんか?

グローバルな視点からまなぶ

アメリカの写真文化は常に各国の写真文化からの情報を収集して成り立っています。そのようなグローバルな視点を吸収して自分の写真の理解に役立てましょう。

コミュニケーションの方法としてまなぶ

グローバルコースではカメラの前に写っている被写体の「描写性」だけではなく、ビジュアルコミュニケーションのツールをとして写真の役割を再び学ぶ機会になります。

多角的にバランスよくまなぶ

技術だけではなく、写真の表現を成立させている多様な「要素」を理解して、なおかつバランスよく学ぶことを第一の目的として各コースが教えられています。

主観を保ちながら客観的にまなぶ

写真を撮る動機や感情などの主観を大切に保ちながら、人に伝える為に、そしてコミュニケーションを成立させる為に、客観性を保つ事をコースを通して学びます。

自分にあった写真表現をまなぶ

形式的に決まっている写真表現の方法などはありません。グローバルコースではできるだけ生徒が多彩な写真表現に触れる機会をつくり、自分に合った方法を探すことを目的の一つとしています。

Photography Courses

FAQ & Contact

FAQ

Q: 講師にはどんな方が来られますか?
A: アメリカの大学、大学院で写真教育に関わっている写真家を招いています。詳しくは各コースの詳細をご確認下さい。

Q: 英語ができなくても大丈夫ですか?
A: はい、大丈夫です。各ワークショップには写真活動をしている日本人のアシスタントが通訳として付き添います。

Q: 複数コースに申し込んだ場合の割引特典はありますか?
A: 複数のワークショップに参加すると、ワークショップの参加費に$50(約5千円)の割引が適応されます。そして割引は返金という形で処理されます。他の割引とは併用できませんので注意してください。

Q: 返金のポリシーはどのようになっていますか?
A: ONWARDグローバルコースのウェブサイトに記載された申込締切日までのキャンセルについては、参加費用は100%返金されます。申込締切日を過ぎてのキャンセルについては、参加費用の返金は行いません。

OWNARDグローバルコースは、生徒の病気、緊急事態、欠席、またはOWNARDグローバルコースの管理外の出来事によって欠席されたコースやワークショップについては返金しないものとします。

返金依頼および受講ワークショップの変更依頼は、日付を明記し、参加確認のメールを返信してご連絡ください。書面による通知の受領をもって、返金または受講クラスの変更の適用が決定されます。承認された払戻し金額は、約30日以内に送金されます。

質問などは以下のフォームで問い合わせください。